石割の木

今朝がたシカが罠に掛かってました、見回りには、常に銃を携帯しているので,さっそく止めさしをして急いで写真を撮り、スプレーでマーキングして、しっぽを切り、書類を作成して、家にとってかえって、軽トラに乗り換えて現場に戻り、獲物をのせ帰宅しました。実は毎日の見回りは、バイクに乗っていきます。

小さい獲物はバイクに乗せて運べるのですが、70キロ~100キロとなるとバイクではね...手早く朝飯を済ませ、解体をはじめ、外ロースと内ロース、さらに片方の後ろ足だけを頂き残りは埋設しました。

あ!それからハツ(心臓)もいただきました。ここだけの話!!ハツって旨いよー!!あの食感がたまらないねー!!!

上の写真素晴らしいでしょう!!東北の方でしたっけ石割桜があるのは、実はこの木、にあるんです。私が今日シカを捕まえたそばです。見てごらんなさいこの逞しさ、この生命力、たぶん岩の割れ目に木の種が上手く落ちて発芽して伸びて、さらに成長して岩をも貫き、ここまでくれば岩がどれほどでかくてもものともせず、ただひたすらに成長をつずけるでしょうね。見習おうこのバイタリティー。

先程申し上げたシカの後ろ足を一本、これは実はと言うと近いうちに、関西方面の先生方が民泊受け入れ家庭の視察に来られるとか、そこで先生方に、私の新商品ならぬ新しい燻製の開発の成果を味わっていただけたらなーと思ってね。ハッキリ言って、すなわち試食です。評判がよろしければ新メニューの誕生です。ま~間違いなく美味しくできるはずだがね 。何だろうこの自信?

流しそうめん

妻と二人で頑張って19名のお客様をもてなしさせていただきました。

約束は七時になっていたが、六時過ぎにはぼちぼちとお客様が集まりだして、ちょっと慌てましたが、まず席についていただいて、サービスのブラジル風カクテルをお作りして落ち着いていただき、次に、自慢のスペアリブの燻製を(猪)オードブルの代わりにつまんでいただいて、その間に次々とメンバーがそろい時間前には全員がそろいました。

そこで会長の挨拶があり、乾杯があり、そこにすかさずピザをお出しして、ビールお酒とつずき、のちには麦焼酎となり約一時間が過ぎたころに、サプライズ!!もうすでにおなかも落ち着いていたところで、じゃ今からソーメンを流します。その為に近所の方に竹を頂き、つゆを入れるお椀、お箸,てんぷらをのせる器とすべて竹ずくしでした。

この竹と言うのが、何を隠そう、実は会長様の竹藪から頂いた竹でした。いざ始めると皆さんかなり興奮していましたよ、あら!つかめないとか、あ!つかめたとか。、大盛り上がりでした。麺をつかみ始めて口に運んだその瞬間、あ!うまい、美味しい!!と言って頂きました。この麺ツユとてもおいしい!!どうやって作ったのとか。

実はこのツユは妻が作ったものです,すなわち我が家ブランドです。そんなわけで意外にもそーめん流しが盛り上がりました、これはあくまでもサービスですからね!!かなり盛り上がったところで、再びテーブルに戻り、飲みなおしです、スペアリブがまだ残っていたので、数名のかたがもう少しといって召し上がってました。私が言うのもなんですが、昨夜のスペアリブの出来は、未だかつてないほどの出来上がりでした…兎に角おいしかったです!!信じられないなら食べに来て!!びっくりするから何とこれがイノシシ?

無事終わり

今日わが民宿にお食事だけのお客様五名がいらっしゃって無事終わりました。

素敵な家族様でとても楽しくおもてなしが出来たと思っています。お客様方も喜んで帰っていただけたかな?そうだといいな。

ピザも上手に作っていらっしゃいましたよ。私は勝手にアミーゴになったつもりで皆様が帰り際にじゃまたねアミーゴと手を振ってしまいました。つい地が出ちゃうね。又来て下さるといいなー。

お嬢さの一人がフットサル(futebol de salão)をなさるとか素晴らしい、私もブラジル時代はチョコっとサッカーを(草サッカー)やった経験があります。キーパーだけやらされてました。

連日の民泊

連日のように学生たちが民泊に来てくれてにぎやかです。昨日帰った学生たちも大阪府吹田の学生だった。

孫のような子達と触れ合っているとまるで実の孫たちのような感じもするのが不思議です。今回の学生たちには相変わらずじゃがいもを植えてもらった。そのほかにステイックセニョールの苗をうえてもらいました。

それ以外にも相変わらずタラとウドの収穫もしてもらいました。ちょうどその作業の途中に3人の先生方がいらっしゃてくださいました。そこで記念の写真をとっていただきました。善光寺平をバックにハイチーズ!

それから帰宅してといっても歩いて5~6分ですが手の消毒をして早速ピザの生地を伸ばして様々な具をトッピングしてチーズをのせ、ピザ窯で焼き、あつあつをあふ!あふ!言いながらたべてました。そのほかにはパスタ、サラダ、イノシシの燻製、イノシシの燻製入りのピラフとあったのですが特に気に入って食べていたのがイノシシの燻製でした。食事もほぼ終わり少しリラックスと思いスペイン語のべんきょうをしました。

この写真は生地を作る前の発酵中の段階の生地です。この生地を学生たちがおのおの伸ばしそして具をトッピングして焼きました。

草むしり

朝からニンニクの草取りをしました。幸い養生シートを掛けてあるので畝上には草はほとんど生えませんが通路には堆肥をひいてあっても草はそこそこ生えます。

草取りは午前で終わりましたので午後からはタラノ木の苗つくりをしようと思ってタラの木の枝を切ってバケツに入れ、水を入れてしばらく置く。

そして根っこが出てきたらうえかえすのです。初めてやる作業なのでうまくいくかどうか見当もつきません。うまくいったらお慰み。

10日ほど前に仕込んだものはすでに根元のほうに白いものが目立つのでもしかするともしかするかもですね。これがもしかしてぼかし栽培というものかな?とはおもっていますがね。

先日の記事にタラの苗作りのことを少しコメントしましたがあの記事で述べた方法以外に枝を水につけてやる方法があったのですね。ここで訂正しておきますね。

果樹の消毒

今日は三回目のリンゴや他の果樹の木の消毒をしました。雨上がりでちょっぴり曇ったり晴れたりと不安定な中で何とかやり終えました。近所の奥様の協力を得てたすかりました。

それから急いでタラの芽とウドを収穫して数人の知り合いの方たちにおくばりしてきました。午後一時から消毒して3時少し前に終わりそれからのことですからすべてのお宅に配り終えて帰宅したのが7時半でした。

このすべての作業を妻と二人でするわけですからかなりハードです。だからこそ急いで晩飯を作っていただき飲むビールのうまいこと…たまらんねー!!こういう美味しい酒を飲むために色々頑張るわけです。

早起きし汗かき稼いでうまい酒、飲める人生さいこうだ。ってか!!

話は変わるけど、消毒を手伝ってくださる奥様が言ってたことなのですが、昨日息子さんの車で移動中危うく二頭のシカと衝突するとこだったそうです。

皮肉な話ですが私が仕掛けている罠にはかかってはくれませんがね。

すごい迫力!

このパワー、エネルギーをご覧あれ、この情熱は誰のために?子孫を残すためにひたすら、ただひたすら昆虫たちを待っているのだ、そう只ひたむきに。

昆虫の仲立ちで無事バージンロードを歩くのかね?それで神父なんかもいたりして、はい誓いのキスをとかいうのかね。なんーて想像すると楽しくないですか?

それにしても先日咲いたと記事に載せましたチュウリップの花です、未だに咲いています。

ルッコラが元気に

昨年知り合いから頂いたルッコラが元気に育っています。かぶをいだたいて植えて置いたら今年になってまた元気に生えてきました。

皆様もご存知だと思いますが、ちょっぴりゴマの香りがして素敵なそして美味しい野菜です。ブラジルにいたころはよく食したものです、主にサラダとしてですね。