流しそうめん

妻と二人で頑張って19名のお客様をもてなしさせていただきました。

約束は七時になっていたが、六時過ぎにはぼちぼちとお客様が集まりだして、ちょっと慌てましたが、まず席についていただいて、サービスのブラジル風カクテルをお作りして落ち着いていただき、次に、自慢のスペアリブの燻製を(猪)オードブルの代わりにつまんでいただいて、その間に次々とメンバーがそろい時間前には全員がそろいました。

そこで会長の挨拶があり、乾杯があり、そこにすかさずピザをお出しして、ビールお酒とつずき、のちには麦焼酎となり約一時間が過ぎたころに、サプライズ!!もうすでにおなかも落ち着いていたところで、じゃ今からソーメンを流します。その為に近所の方に竹を頂き、つゆを入れるお椀、お箸,てんぷらをのせる器とすべて竹ずくしでした。

この竹と言うのが、何を隠そう、実は会長様の竹藪から頂いた竹でした。いざ始めると皆さんかなり興奮していましたよ、あら!つかめないとか、あ!つかめたとか。、大盛り上がりでした。麺をつかみ始めて口に運んだその瞬間、あ!うまい、美味しい!!と言って頂きました。この麺ツユとてもおいしい!!どうやって作ったのとか。

実はこのツユは妻が作ったものです,すなわち我が家ブランドです。そんなわけで意外にもそーめん流しが盛り上がりました、これはあくまでもサービスですからね!!かなり盛り上がったところで、再びテーブルに戻り、飲みなおしです、スペアリブがまだ残っていたので、数名のかたがもう少しといって召し上がってました。私が言うのもなんですが、昨夜のスペアリブの出来は、未だかつてないほどの出来上がりでした…兎に角おいしかったです!!信じられないなら食べに来て!!びっくりするから何とこれがイノシシ?

無事終わり

今日わが民宿にお食事だけのお客様五名がいらっしゃって無事終わりました。

素敵な家族様でとても楽しくおもてなしが出来たと思っています。お客様方も喜んで帰っていただけたかな?そうだといいな。

ピザも上手に作っていらっしゃいましたよ。私は勝手にアミーゴになったつもりで皆様が帰り際にじゃまたねアミーゴと手を振ってしまいました。つい地が出ちゃうね。又来て下さるといいなー。

お嬢さの一人がフットサル(futebol de salão)をなさるとか素晴らしい、私もブラジル時代はチョコっとサッカーを(草サッカー)やった経験があります。キーパーだけやらされてました。

連日の民泊

連日のように学生たちが民泊に来てくれてにぎやかです。昨日帰った学生たちも大阪府吹田の学生だった。

孫のような子達と触れ合っているとまるで実の孫たちのような感じもするのが不思議です。今回の学生たちには相変わらずじゃがいもを植えてもらった。そのほかにステイックセニョールの苗をうえてもらいました。

それ以外にも相変わらずタラとウドの収穫もしてもらいました。ちょうどその作業の途中に3人の先生方がいらっしゃてくださいました。そこで記念の写真をとっていただきました。善光寺平をバックにハイチーズ!

それから帰宅してといっても歩いて5~6分ですが手の消毒をして早速ピザの生地を伸ばして様々な具をトッピングしてチーズをのせ、ピザ窯で焼き、あつあつをあふ!あふ!言いながらたべてました。そのほかにはパスタ、サラダ、イノシシの燻製、イノシシの燻製入りのピラフとあったのですが特に気に入って食べていたのがイノシシの燻製でした。食事もほぼ終わり少しリラックスと思いスペイン語のべんきょうをしました。

この写真は生地を作る前の発酵中の段階の生地です。この生地を学生たちがおのおの伸ばしそして具をトッピングして焼きました。