山里の古民家 アルベルゲ

100年の歴史をもつ情緒豊かな古民家が民宿として新たに再生。
2階の梁は伝統的な構法、和風建築の美しさを受け継いでいます。

改装は全てオーナー自身で設計、施工をし、より愛着のわく
デザインに。

自家製の窯、ストーブ、そばなどの手打ちスペース、そして2階
の床から壁など全てにおいてオーナーが造作しています。

オーナーの窯炊き風景。。

恵美子夫人は絵画も。。

長野は雪景色も、新緑の頃の風景もいいですね。